バルコニータイルでベランダの雰囲気を変える

subpage01

バルコニータイルにはたくさん種類があり、柄を組み合わせることはもちろん素材も多くあります。バルコニータイルは殺風景な庭やベランダの雰囲気を置くだけでがらりと変えることができ、簡単DIYが出来ます。
バルコニータイルの素材は石材と木材、プラスチック材などの他にガラス材などの変わり種もあります。
石材は、タイル同士を接続するコネクション部分がついていないものの方が主流です。
そのため、ベランダよりは土の上に置く庭におすすめです。

フロアコーティングに関して最新情報を教えます。

石材タイプをベランダに置くと、コンクリートの上に石を置くことになるので、小さな衝撃でもタイルにヒビが入ってしまう恐れがあります。木材タイプはウッドデッキ風に見せることが出来ます。

日本経済新聞情報を網羅した総合サイトです。

もちろん庭のワンポイントとして置くことも出来ますし、ベランダなどの雰囲気を変えるのにも最適です。

マンションではなかなかDIY出来ませんが、リビングの床の色から続くようにタイルを並べれば、部屋を広く見せる観点でも有効ですし、寂しくなりがちなベランダをウッドデッキのようにおしゃれな空間に簡単に変えることができます。


プラスチックタイプは、マンションなどのベランダを石材風のタイルに見せたい場合に活用できます。


前述したように、マンションのベランダは、ほとんどの場合コンクリートで作られています。



石材タイプのタイルだと割れてしまいやすいため、プラスチックで石材風に加工したものであれば、高級感のあるベランダに早変わりです。