フロアコーティングとワックスの違い

subpage01

床材の美観や耐久性を目的とした保護剤には、フロアワックスやフロアコーティングがあり、いずれもホームセンターなどでも手に入れることができます。


フロアワックスは、アクリル系やウレタン系を成分としており、その施行の簡便さからDIYで行われているのが一般的です。

東京のフロアコーティングに関する予備知識が満載です。

しかし、UV系、シリコン系、ガラス系を成分とするフロアコーティングは、床の洗浄、下地処理、そしてトップコートの塗布となるため、一般的には専門業者への施行依頼になります。

また塗布後の乾燥にも数時間を要するため、家具等のない入居前の施工が最適となります。
フロアワックスの耐久性は数ヶ月から1年くらいが標準的で、短いサイクルでのメンテナンスが必要となりますが、フロアコーティングでは10年以上となっており、ほとんどメンテナンスフリーとも言えます。

フロアコーティングの耐用年数は、UV系で15〜30年、シリコン系とガラス系が共に10〜20年となっています。
またコーティング表面の傷の付きやすさに関係する硬度では、ガラス系が9、UV系が7、そしてシリコン系が5となります。いずれのコーティングも耐薬品性能が高く、水はねや油はねによる変色なども起きにくい特質があります。

Yahoo!ニュースに有効なサイトの紹介です。

これらから、現在の住宅の床にはフロアコーティングを採用するケースが増えてきており、日常的に起こるイスなどの家具の引きずり傷、おもちゃによる傷、そしてペットの走り傷、さらには水や油などのシミから床を守っています。